英語の「1000」のスペルについて説明します

英語の文章で数字を表すときには多くの人が1、2、3など数字そのものを記載して表現する人が多いと思います。しかし、ときによっては数字をアルファベットで表記する必要があります。

英語をより深くマスターしていくのであれば、数字のアルファベットもしっかりと頭に入れて対応できるようにしておくのがベストなのは間違いないでしょう。

英語の数字のスペルに関して「1000」をどのようにスペルするのかを説明します。

スポンサーリンク

英語の数字は大きくなるほど難しい?

日本語で数字を覚えたときの記憶がある人はあまり多くないでしょう。では、英語の数字を覚えたときの記憶がある人はどうでしょうか。英語の数字は英語の基礎として中学生で習った方も多いと思います。

すでに多くの人が英語で1~10までをカウントすることが容易にできる状態にあったはずです。では11~の場合はどうでしょう。「あれ?」っと思った方は多いはずです。英語の数字と言うのは10を区切りとして読み方が変わるので日本語と同じように1~10の延長線上としてカウントすることができません。

この区切りというのは100、そして1000の時にも訪れます。日本語でも百、千と言った呼び方が異なるように英語でもどのように数字の呼び方が変わるのかはしっかりマスターしておく必要があります。英語の場合「100」は「ワンハンドレッド」、「1000」は「ワンサウザンド」と発音のカタカナ表記ができます。

スペリングを行う前段階としてどのように数字の読み方が変化するのかを覚えておくことがスペリングを行う時の前提となります。

「1000」のスペルは?

英語の「1000」のスペルは「one thousand」です。このスペリングで難しい部分は「thousand」の部分です。

特に日本人の間違い例として「サウザンド」の始めのスペルです。まだまだ英語を習いたての人にとっては「one sausand」とスペルしてしまう人も多いのです。なぜこのようなスペルになってしまうのかというと日本人が苦手な発音がこの「thousand」と言う単語に含まれているのです。

それは「th」の音です。ネイティブスピーカーはこの音を作るために歯と歯の間に舌を挟んで日本語の「サ」に近いけれども異なる音を発音します。この音と言うのは日本語にはない音ですので、日本人がこの音を聞き取ると「th」の音が聞き取れないので日本語の「サ」として認識してしまうのです。このため「thousand」の「th」部分が「sa」になってしまうことが多いのです。

もう1つ間違いが多くある点として「thousant」があります。最後のスペルが「d」で終わるべきところが「t」となっています。これも英語の発音が関係しています。

「one thousand」の発音を行った場合「thousand」のアクセントと言うのは単語前方にあり後方にありません。このためネイティブスピーカーが発音する時、最後の「d」の音が消えてしまっていたり、次の単語の音とつながってしまっていたりすることが多くあります。そのため最後の音が聞き取りにくく間違いが発生しやすいポイントとなっています。

スポンサーリンク

「100」のスペルは?

「100」の発音はカタカナ表記で「ワンハンドレッド」です。「100」のスペルは「one hundred」です。「100」は「1000」よりも日本人がスペルしやすい音となっているのでスペル間違いもあまり無い単語といってもいいでしょう。

あえて注意点を上げるとすると「hundred」の「hun」が注意点となります。この「hun」の部分を「han」と記載しがちなのです。この理由もすでに「one thousand」でお伝えした内容と同じで、英語の発音にヒントがあります。英語では「u」を「ア」と発音する場合が多くあります。

当然「a」のアルファベットの場合でも「ア」と発音しますが、これが似て非なる発音なのです。「cat」と「cup」の「ア」が同じように聞こえてしまう方が多いのですが、きちんとネイティブスピーカーは別の音として認識しているのです。

ミススペルをなくすにはどのようにするのがいいか?

ミススペルと言うのは日常的に英語に触れていない日本人にとって大きな問題の1つだといっていいでしょう。今ではインターネットを使ってスぺルチェックを行うことが出来ますが、あまりにかけ離れたスペルで記入を行ってしまうと正しい単語も出てこない可能性があります。

また、ノートやホワイトボードなど人前で手書きを行う場合はこの機能が使えるわけもなく、自分の記憶のみが頼りとなってしまいます。常に英語に触れており、単語のスペルが丸暗記できている方であれば問題のない点ではありますが、多くの日本人はそうではありません。

そんな時に役に立つのが英語のリスニング力を鍛える方法です。すでにネイティブスピーカーの発音とスペリングに関連があることをお伝えしました。ネイティブスピーカーの発音を聞き分けることが出来ればスペリングもある程度音を聞いて行うことが出来るのです。

英語の音を聞き分ける能力が上昇するのは子供のときといわれておりますが、大人になっても何度も聞き分けの練習を行えば自然と類似の音に対しても聞き分けができるようになります。一度その感覚を身に付けてしまえば、多くの単語に活用できるようになりますので、リスニング力を鍛えるのはスペリング力を向上させる点において有効であるといえます。

おわりに

「1000」のスペルと間違いやすい点などを紹介しました。どのような数字でもスペリングができるように、身の回りの数字を使って練習して基礎からしっかりとマスターするとよいです。

スポンサーリンク