英語の冷蔵庫(refrigerator)の発音について説明します

冷蔵庫は英語で「refrigerator」と言います。「refrigerator」の発音は難しく、英語が得意な人でも正しい発音ができていないことが多いです。

今回は「refrigerator」の発音で難しい部分と正しい発音を行うためのポイントを説明します。

「refrigerator」の発音について

正しい「refrigerator」の発音から日本語的な発音に直した場合「リフリジレーター」が最も英語発音に近いです。

「refrigerator」の発音記号は「rifrídʒərèitər」です。

「refrigerator」は日本人になじみのある音が多くないので、日本人が発音で苦労する単語です。「refrigerator」の発音で最も日本人が苦手とする音が「f」と「r」です。

スポンサーリンク

「refrigerator」の「f」の発音

「f」の発音は日本人の多くが「ふ」の音として認識しますが、「ふ」の音は英語の場合は「h」の音に近いです。なので、日本語的な発音をすると「f」が「h」に認識される可能性があります。

「f」の発音を行うには上の前歯に下唇を当てて息を出します。「f」の発音が難しい場合は、まず初めのステップとして日本語で「ヴィー」と言ってみると良いでしょう。この「ヴィー」と言った口の形で無声音にした音が「f」の発音になります。

日本人にとって慣れるまでは違和感のある発音方法ですが、練習すれば自然と正しい発音ができると思います。

「refrigerator」の「r」の発音

日本人にとって難しいと言われている「r」の発音も「refrigerator」を発音するのには欠かせないポイントです。「refrigerator」は「r」が4つもあります。

「r」の発音は舌先を口の中のどこにもつけないことが重要です。「r」の発音と言うのは前後の音によって細かく分けるといくつかパターンがありますが、どのパターンの「r」の発音であっても舌先が口の中のどこかにつくことはありません。

舌先がどこかについた場合、「r」としての発音は薄れ「l」の要素が多くなってしまいます。

そして「r」の発音であまり知られていないもう一つのポイントが、舌の根に当たる部分の左右は上の歯の左右に当たっていることです。

「f」の発音よりも「r」の発音のほうが日本人にとって難易度が高い発音となりますが、マスターすれば英語の発音レベルが上がります。

「r」の発音で舌は巻くの?

「r」の発音を行うために舌を巻くことを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

確かに「r」の発音を行うときには舌をある程度巻くといったことも大切なポイントの1つですが、それよりも口の中での舌のポジションのほうが大切になります。舌を巻くという意識よりも口の中のどこかに舌先をつけてはいけないことを意識することがまず第1のステップになります。

この舌先をどこにもつけないといったことが無意識に出来るようになってから、第2のステップとして舌先を巻くことを意識して発音すると舌を巻きすぎの「r」ではなく、きれいなネイティブ英語に近い「r」の発音ができるようになります。

スポンサーリンク

「refrigerator」の省略形の「fridge」

「refrigerator」は発音が難しく単語自体が長いので、実際のネイティブの会話では冷蔵庫のことを「refrigerator」という表現であまり使わなくなっています。

日常の会話ベースでは省略形である「fridge」が英語ネイティブの中でもよく使われる冷蔵庫の表現です。この省略形である「fridge」の発音をカタカナ表記すると「フリッジ」で、発音記号は「frídʒ」です。

「refrigerator」のように何度も「r」の発音をする必要がありませんし、何よりも単語が短いので比較的簡単に発音することができます。「refrigerator」の発音が通じない場合でもこの「fridge」であれば、日本人でも比較的簡単に発音することができますので、きちんと英語ネイティブの人でも認識してくれます。

おわりに

英単語の中でも発音が難しいとされている「refrigerator(冷蔵庫)」を正しく発音する方法を説明しました。

「refrigerator」は日本人が苦手とする英語の発音が詰まっている単語の1つでもあり、英語上級者であっても、完璧な発音ができる人は限られています。

どうしても正しく発音ができなくて、英語ネイティブに自分の発音が通じないときは「refrigerator」の短縮形である「fridge」を使うことをおすすめします。

スポンサーリンク